Instrument

matsuoka 松岡のフラメンコギター、Made in Japan 1974年製
2005年、リサイクルショップのジャンクコーナーに5,000円で売っていた、ホコリだらけでボロボロでも試奏したら良い音だったので即購入。
購入後に『フラメンコギター』と判明。掃除して色々と手入れして使用していましたが限界が来て2011年1月に工房へ願いしフレットとペグ、ナットを交換し弦高調整していただきました。
抜群の音色はハカランダっぽいです。本体の詳細は不明ですが、前オーナーもカナリ弾き込んでいたご様子。あの世まで持って行きたいギターです。
サドルの後ろについている物体はコンタクト型のピックアップです。コンデンサマイクを併用することもあります。
godin multiac jazz Godin "Multiac Jazz" Made in Canada 2010年製
主にJazzコンボ、BigBand等で使用しています。 フルアコっぽく見えますが・・・セミアコです、しかしながらフルアコよりそれっぽい音がしたりします。どんなカラクリか解りませんが今時の楽器というのは恐ろしい・・・。
ピックアップはフロントにパッシブハムバッカー。ブリッジにピエゾとGR(ローランドギターシンセ)ピックアップが付いている為、Jazz モデルなのに電池使います。
ピエゾをフラットな特性のアンプに入れるとエレアコギターに近い音が素敵で、フロントピックアップとミックスすれば音色が4ビートのカッティングに良い感じです。
Multiac Grand Concert SA Godin "Multiac Grand Concert SA" Made in Canada 2010年製
メインで使っていた松岡のフラメンコをリペアに出さざるを得なくなり、代わりにライブで使用する為に痛い出費でしたが緊急購入。
ナイロン弦使いの方たちの評判通り素晴らしい音の立ち上がりと、どんな状況下でもコンディションがあまり変わらない為に非常に弾きやすいです。
ブリッジにピエゾとGR(ローランドギターシンセ)ピックアップが付いていてプリアンプ内臓の為、電池使います。(エレアコなんで当然ですが・・・。)
ボディーはこのシリーズ最大の大きさで生音もちょっとイカしてます。ネックは12Fジョイントでナット幅はクラシックギターサイズなんで右手の指が入りやすく爪弾くのに最高です。
Carvin_TL60 Carvin "TL-60" Made in U.S.A. 2008年製
私にとって初めてのテレキャスターシェイプ。キルトメイプルが美しく衝動買いしてしまいました。バックボディーはアルダー、ピックアップはタップ付きでフロント・リア共にシングルとハムバッキングの切り替えが可能。
フロントはウォームでリアは元気が良いです。ちょっとジャジャ馬ですがお客様から音色褒められます・・・扱うの苦労しますが弾くの楽しいです。
ネックスルーの為、弾くとお腹に生音を感じます、結構気持ち良いです。ペグはスパーゼルのロックタイプで弦交換が楽々です。
Carvin_DC_145 Carvin "DC-145" Made in U.S.A. 2009年製
円高の為、思い切ってフルオーダーしたギターです。発注から半年後に受け取りました。トップはキルトメイプルでボディーはアルダー、ピックアップはHSHでタップ付です。
ブリッジはゴトー製のウィルキンソントレモロユニット、かなり反応が良く、気に入っています。
バーズアイメイプルフィンガーボード、ネックスルーでペグはスパーゼルのロックタイプで弦交換が楽々です。
POPS、ロック、色々なシーンで使えるギターです。


Amp & Equipment

Roland AC90 Roland "AC90" アコースティックギターアンプ
ツィーター+フルレンジスピーカー搭載のステレオ90wアンプ。かなりフラットな特性でアコギの『あの音』が鳴らせます。 input/output系統も豊富でファンタム電源・リバーブ・コーラス付き、MIC入力側を上手く使えば簡易PAでも十分使えます。(ヘタなPA顔負けの音です)
Guitar入力はピエゾとマグネチックの切替付き、アンプシミュレーターを介してエレキを鳴らしてもカナリ良い感じの音が得られます。
CLASSIC TUBE 35R KEN JORDIN(ケンジョーダン) "CLASSIC TUBE 35R"
売価3万円台の真空管ギターアンプ、出力は35WでMade in Korea。日本で作ったら5万円以上すると思われます。
オールチューブ、1ボリュームなのでどこまでもクリーントーン。スピーカーはセレッションの12"が一発、音デカくてトランジスタアンプの60W〜100Wクラスの音圧を体感できます。
好みが分かれますが音も良くロック系のコンボバンドでも全く物足りなさを感じないです。回路が少し雑で電源周りやリバーブ回路に不安有りですかね。
VOX AC4TV VOX "AC4TV"
VOXのオールチューブ・ミニアンプ。玩具アンプと侮れない出来、自宅の練習用に購入しましたが・・・小さい会場ならそのままLIVEで使用できます。
出力は4w、スピーカーはCelestion VX10カスタム・スピーカー10"、BluesやJazzにはもってこいの音です。
真空管アンプならではの音のデカさ、4Wでも凄い音圧。でもアッテネーター付きなんで4W、1W、1/10Wと3段階に『出音だけ』絞れるのが宅練にはとても便利。

Live or Rehearsal Photo


Sample Music

羽生研司監督作品『ステキな童貞侍』の挿入曲を担当させていただきました。
全て書き下ろし、演奏も実際に私のものです。
2012年4月4日・全国のレンタルショップでレンタル開始!どうぞ応援してやって下さい☆

[ステキな童貞侍のメインテーマ]
Jazzが欲しいとリクエストされ作ったマイナーJazz Blues。

[ステキな童貞侍のラブソング1]
今回LOVEソングは2パターンが挿入されています、こちらは私家芸のBossaバージョン。

[ステキな童貞侍のラブソング2]
こちらは監督からのリクエストで淡々と弾かせていただいたソロギターバージョン。

[ステキな童貞侍の夜想曲]
とあるシーンで思い浮かんだ曲を作って私から監督に逆リクエストしたワルツです。

[コミカルな童貞侍]
コミカルなシーンで使える曲。2ビートです。


inserted by FC2 system